本日はヤンタラジロー氏のセッションですが
ヤンタラ氏のセッションを受けるべく
宇宙のリズムと魂の采配が
本当に完璧であるという出来事がありました。


私は、自分の周波数を徹底的に整えるために
2年間、父、母、妹との連絡は一切絶っていました。

容赦なく徹底的に全ブロックです。

ディセンションで生きる両親と
アセンションしていく過程での
エゴを脱ぎ捨てていく私と妹と
それぞれの互いのエネルギーが強烈過ぎるため

この大事なシフトのときに
この家族と関ると、
私もこの家族も悪い遺伝子がオンになり
自分の周波数を高めていくことが出来ないからです。


まず、自分を生きれないという要素、
重い周波数を昇華していくにあたり
急がば回れということで、
全ブロックをしていました。

必ず、また愛で繋がることを知っていたからです。


そして先月、私の引越しと
同時
のタイミングで
母から2年ぶりに連絡が来ました。

私と母との間には、
憎しみや家系の捻じれた
カルマのエネルギーは残っておらず
とても美しく穏やかな関係になりました。

ひとまず一つ、家系のミッションはクリアです。


28日、もうじきヤンタラジロー氏のセッションだ!

と思っていたところ

母から、

「お父さんがまずい。緊急入院した」との連絡。


あ、ここで来たか。全てが整う。


と直感し、病院へ直行しました。
そこには、母と2年ぶりに会う妹がいました。

父は、血栓が全身に回っており、
これから薬で治療をするが
突然死もありうる、
という先生の説明を受けました。
父が血栓で入院するのは2回目なのです。


父は、入院する前日
「さとみに会いたいなあ」と
母に言っていたようでした。


担当医の計らいで10分だけ
父との面会が許されました。


どんなことがあっても

弱音を吐くことのなかった父。

私と同じ誕生日の父。


そんな父が、始めて弱音を吐き
涙を流していました。


父は、古い男性性の支配エネルギーの
ディセンションという時代の
真っ只中を生きました。

父は、私という存在がとても理解できなかったのです。

そして私と妹という、
これから聖なる母性の女性性を開いていく
私たちの存在が怖かったのです。


だからこそ親という権力という名の、
古い男性性のエネルギーで
私たち娘を、恐れから支配してきたのです。


面会時間が終わり、
母と妹に、先に出て行ってもらい
私と父の二人きりになりました。


「お父さん、私のこと愛してる?」


そう問いました。


「もちろんだよ。
お父さんは、お前の生き方は
理解できないことが多かったけど
とても愛しているよ」


と、二人で泣きました。


元々宇宙の光の存在である父は
左耳が聞こえず、左目が見えず、
自分の母親からの愛情ももらえず
その母親が死んでも、自分の姉たちに1年、
自分の母親が死んだことを
教えてもらえなかったという
カルマ満載の家系の中で、
大きな光を
狭い肉体に留めて、

私たち娘の封印が解かれる
この時まで
支配というその役割を
担ってくれていたわけです。


「退院したら、みんなでお祝いしようね。お寿司食べよう」

と言い

「愛してるよ」と言い合って病室を後にしたのでした。



その後、妹との久しぶりの会話で
彼女もまた、必死で
解放を頑張っていたのだと知りました。


私は妹に
「セッションしようか?」
と声をかけました。


さあ、始まる。


それは、私たちの家系のDNAカルマの
壮大な解放を意味します。
DNAの長い長い時代の解放を意味します。


私たち姉妹は知っていました。

私がセッションをして、
彼女のエネルギーが整うことは
父の役割が終わりを迎えることを...


セッションはとてもとても美しく
聖なる女神の威厳あるエネルギーの中で行われ

私は妹の右側を
そしてイエスキリストが彼女の左側を
そして、「あなたの子宮は宇宙である。」
という言葉が妹に降ろされました。


その聖なる女性性のエネルギーで父を包み癒しました。

それは私たちの男性性の癒し、DNAの古い男性性の癒しです。

その間、私と妹は大号泣しながら、

私たちの家系という魂の繋がり

地球においての、家系の壮大なカルマの幻想の解放プロセス

そして、

高次元の観点から見た

「この家系の誇り」

というものが
ダウンロードされました。


妹はとても癒され

「お姉ちゃんのエネルギーが本当に変化していた。
とても美しいと思った。受けながら尊敬した。」

と伝えてもらい
とても喜んでもらうことが出来、
私も、自分がここまでシフトできたのだ
と、これまでの歩みを振り返ることが出来ました。


現在私も、首の後ろにあるDNA情報、
シフトに伴う魂のデータが
深く書き換わっています。


そして、先日
かつて勤めていたメンエスから
不当な高額罰金を請求され
くだらない争いに付き合っていると
記事に書きましたが

同じく28日に
引越し前のマンションの不動産から、
お金が戻って来ました。

その額

裁判の和解代きっかり同じ15万。

完璧なる高次元と魂の采配に
もうこの次元からの卒業を感じました。

古い男性性の支配社会の中で
のさばっている会社ですので
そのうち衰退していくのでしょう。


もう私にとって必要のないエネルギーは
手放して、次の世界に突入です!


さあ。ようやく本日、
ヤンタラジロー氏のセッションを迎えます。


yantara-200x300
ヤンタラジロージャパンより
お写真お借り致しました。



 セッションメニュー&問い合わせ   こちら
 セッション動画   こちら
 肉体を卒業した彼女のお話  こちら
インスタグラム  arktouros_starseed.satomi




ランキングに参加しています
応援クリックよろしくお願いいたします 


にほんブログ村 恋愛ブログへ