悲しみを悲しみとして感じたくない時に

人は怒りや恨みを抱きます
 
どんなに怒りに向き合っても

悲しみが解放されなければ怒りは消えない
 
 

本当は自分で自分を輝かせることができる

その力が一人ひとりに備わっている
 
個々で自由に選択が出来る

でも、「気づきたくない」人もいるだけ



あなたは今どの段階にいるでしょう?



 私はかつて
 
「愛されてないことがわかってしまう」 
 
この思考パターンに気づきたくないために
 
逃げ回って壮絶な人生のドラマを作っていました



私がどれほどの悲しみを抱えていたのか

私が私を抱きしめる事さえできませんでした



認めたくないステージを受け入れてこそ

そのステージを通過し新しい扉が開かれます



あなたも

激しく抵抗したくなる本音も出てくるかもしれない
 
そんな本音に気付いたとき

「それが自分だなんて受け入れたくない!!」

という思いすらも、認めて受け入れてあげて下さい



あなたにとって、どんなに惨めで情けなくて

ちっぽけに思えるような自分が出てきたとしても
 
それはあなたがずっと報われたくて

あなたが、あなた自身に見つけて欲しかった本当の想いです

あなたが自分を受け入れたとき

はじめてその囚われからあなたは自由になる 



どんな自分をも受け入れていく勇気を持つとき

あなたは何ものからもブレない

自分軸を作っていくことができる



誰よりもあなたがあなたの味方になり

あなたがあなたを認めて

どんな自分をも許し、愛し、受け入れていくのだから... 



「○○するべき」 

という形のない亡霊からいち早く解放されて

あなたらしく輝いて生きていかれますように

CO14m6tuXfOtM191558022417_1558022522


 



ランキングに参加しています
必要な方に届くように
応援クリックよろしくお願いいたします ....


にほんブログ村 恋愛ブログへ